米国FE試験 (FE exam.)に挑戦してみる(勉強方法編)

 

masa-flyu.hatenablog.com

 で書いたとおり,FE試験に挑戦してみようと思います.

 

で,どのように勉強すればよいのでしょうか.

 

過去問の入手方法

私は,FE試験の概要を知るために「目指せ!PE/FE」を購入しました.

 

めざせ!PE/FE

めざせ!PE/FE

 

 

この本の発行は2002年です.

そしてこの内容を参考に,「FE Review Manual」を購入しました(約10,000円)

 

FE Review Manual (text only) 3rd (Third) edition by M. R. Lindeburg PE

FE Review Manual (text only) 3rd (Third) edition by M. R. Lindeburg PE

 

 この本の発行は2012年です.

 

ところが,試験について調べていくうちに,2014年に試験方法が大きく変わり、科目ごとに試験が完全に独立している(以前は午前試験が共通だった)ことがわかりました。

これにより、上記の本は2012年で発行が止まり、以降は科目別に分かれているようです。

 例えば、

Fe Mechanical Review Manual: Rapid Preparation for the Mechanical Fundamentals of Engineering Exam

Fe Mechanical Review Manual: Rapid Preparation for the Mechanical Fundamentals of Engineering Exam

 

 などを買うべきでしょう。

 

さらにさらに、2017年に試験方法が大きく変わっていることがわかりました.

試験範囲などには特に変更がないようですが、出題形式がCBT(パソコン受験)ならではの、択一式ではない問題が加えられているようです。

 

最近の出題方法を含めた,より実戦に近い練習ができる方法はないのでしょうか.

 

調べたところNCEES(米国のFE試験実施団体)で練習用問題集の販売を行なっているようです.

 

Exam Prep · MyNCEES Account

 

f:id:masa_flyu:20180603134039j:plain

 

このとおり,Reference Handbookも各科目の練習問題もそこそこの値段で購入できるようです.

 

不安だったのが「国外に発送してくれるのか」でした.

 

購入画面まで行ってみると,無事購入できるようです! ですが...

f:id:masa_flyu:20180603134742j:plain

 

配送料120ドル... Oh...

 

f:id:masa_flyu:20180603134747j:plain

支払いはクレジットカードのみのようですね.

VisaかMasterCard持ってれば大丈夫でしょう.

Vプリカも行けるかも.

 

それにしても高いですね...

 

高いですが、背に腹は変えられず...試験申し込みと同時に購入しました。

8日で届いたので、海外通販にしてはスピーディでしょう。

 

合計の出費は、

  • JPECに支払う手数料=約2万円
  • NCEESに支払う手数料=約2万円強
  • 過去問の入手に必要な金額=約2万円弱

というわけで,真面目に受けようとすれば,累計6万以上出費することになりそうですね.

 

その他の勉強方法

こんなサイトもありました.

www.ppehq.com