USキー操作をJISっぽく & Bootcampでショートカットを設定

以下の過去記事の設定をしている前提で話を進めます.

 

masa-flyu.hatenablog.com

 

Karabiner

USキーで変わってしまうキーの位置を変えます.

f:id:masa_flyu:20180308174651p:plain

Karabinerの環境設定を開きます.

f:id:masa_flyu:20180308174700p:plain

Simple ModificationsのAdd Itemから設定を追加します.

 

  • caps_lock→left_control

JIS-Macと同様の位置でControlキーを使用できます.

代償としてCaps lockキーが無くなります.

  • right_option→fn

JIS-Macと同様の位置でFnキーを使用できます.
代償として右手側にOptionキーが無くなります.

  • fn→caps_lock

 JIS-Macと同様の位置でcaps_lockキーを使用できます.

  • fn→left_control

Windows-JISと同様の位置でControlキーを使用できます.

JISMacに合わせるのであれば不要です.

 

Auto Hotkey

Bootcamp上でMacと同様にショートカットキー操作をできるようにします.

ahkファイルに以下のように追記します.

LWin & Space::Send, ^{Esc}    ;スタートメニューを開く

LWin & Enter::Send, ^{Enter}  
LWin & n::Send, ^{n}
LWin & x::Send, ^{x}
LWin & c::Send, ^{c}
LWin & v::Send, ^{v}
LWin & s::Send, ^{s}
LWin & a::Send, ^{a}
LWin & t::Send, ^{t}
LWin & f::Send, ^{f}

;スクリーンショット
^+#3::
IfWinExist, ahk_class Snipping Tool
{
    WinGet,WinState,MinMax,ahk_class Snipping Tool
    If WinState = -1 ; If window is minimized
       {
            WinMaximize
            sendinput !{n}
       }
    else if WinState = 1
       {
            sendinput !{n}
       }
}
else ; if it is closed
{
   Run, Snipping Tool, C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories
}
Return

+#3::Send, {LWinDown}{PrintScreen} ;Screenshot to Pictures folder

^+#4::
IfWinExist, ahk_class Snipping Tool
{
    WinGet,WinState,MinMax,ahk_class Snipping Tool
    If WinState = -1 ; If window is minimized
       {
            WinMaximize
            sendinput !{n}
       }
    else if WinState = 1
       {
            sendinput !{n}
       }
}
else ; if it is closed
{
   Run, Snipping Tool, C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories
}
Return

+#4::
IfWinExist, ahk_class Snipping Tool
{
    WinGet,WinState,MinMax,ahk_class Snipping Tool
    If WinState = -1 ; If window is minimized
       {
            WinMaximize
            sendinput !{n}
       }
    else if WinState = 1
       {
            sendinput !{n}
       }
}
else ; if it is closed
{
   Run, Snipping Tool, C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories
}
Return

ahkファイルを使用できます.

 

以上のうち,

LWin & Space::Send, ^{Esc}    ;スタートメニューを開く

LWin & Enter::Send, ^{Enter}  
LWin & n::Send, ^{n}
LWin & x::Send, ^{x}
LWin & c::Send, ^{c}
LWin & v::Send, ^{v}
LWin & s::Send, ^{s}
LWin & a::Send, ^{a}
LWin & t::Send, ^{t}
LWin & f::Send, ^{f}

はControlキーによるショートカットキーをcommandキーで操作できるようにするものです.

1行目はcommandキー単独押しを英数,かな入力切り替えに割り当ててしまって消えた,スタートメニューを開くためのものです.

2行目〜11行目はそれぞれ必要なものを追加してください.

 

また,それ以降の長ったらしいスクリプトスクリーンショットの操作を割り当てています.

:#3::から始まる部分は,Shift+Command+3で全画面スクリーンショットの画像での保存を行います.

C:\Users\<ユーザー名>\Pictures\Screenshots

に保存されます.

 

残りのShift+Command+4(+#4),Control+Shift+Command+3(^+#3),Control+Shift+Command+4(^+#4)

については全て「Snipping Tool」を起動させています.

起動スクリプトはこちらを真似しています.

www.reddit.com